事業内容

…粥〆此ΩΑゝ  

 多様な機能を有する森林を、目的とする森林に誘導するための森林施業技術の開発、森林の評価手法について、様々な調査や研究を行っています。また、それらに関する調査の請負を行います。

 

 ⇔咫ゞ  

 森林は、再生可能な資源として、また二酸化炭素の吸収源として、さらに他にも様々な機能を有する非常に有用な資源です。  富士技研は、森林を造り育てる仕事「林業」を重要な業務の一つとしています。 目的とする森林造成を目指し、植栽・下刈り・枝打ち・伐採・造材・搬出から作業道の整備まで様々な育林作業を行います。  日本は森林率67%の森林大国です。国産材による安定供給を目指して、人工造林地の拡大に努めてきた結果、ほぼ半数の1000万haの人工林化を実現しており、今ではその人工林資源の蓄積も進み、年間5000万立方メートルの木材生産が可能なまでに成長しております。しかし依然として国産材の自給率は20%と低く、日本の人工林資源は無駄にしている現状があります。  そこで一般の人々へや林業関係者へ向けて、間伐材の有効活用を中心とした人工林問題への理解を求める活動や、様々な施業技術の指導業務を展開していきます。

I瓠ゝ據指 導

  

 林業の活性化に向けた様々な普及・啓発活動を行っていきます。

 日本は森林率67%の森林大国です。国産材による安定供給を目指して、人工造林地の拡大に努めてきた結果、ほぼ半数の1000万haの人工林化を実現しており、今ではその人工林資源の蓄積も進み、年間5000万立方メートルの木材生産が可能なまでに成長しております。しかし依然として国産材の自給率は20%と低く、日本の人工林資源は無駄にしている現状があります。そこで林業関係者はもちろん、一般の人々へ向けて、間伐を中心とした人工林問題への理解を求める活動や、様々な施業の技術指導業務を展開していきます。

 

ぢ痢仝   

 森林・林業をベースとした体験学習の機会や場所を提供して、一般の人々や子ども達へ林業への理解を求める活動やボランティアリーダーなどの人材育成を行います。

 

Please see the sidebar for other sub pages.

Comments are closed.